No Image

いのちの水

概要

現在、世界で22億人が安全な水を飲めず、また、42億人がトイレなどの衛生設備を利用できない危機な状況にあります。

国連ハビタットは、ネパール・ラオス等において「いのちの水」プロジェクトを実施しているほか、アジア開発銀行と共に「アジアの水事業」を実施したり、スラム改善事業の枠組みで「水と衛生」に関する事業を展開しています。

国連ハビタット福岡本部は、2008年7月1日より「いのちの水」プロジェクト支援キャンペーンを行い、国連ハビタットの活動を通じて「水」に関する深刻な問題に関する認識を高めていきたいと考えています。

事業報告