ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

KCAP(Knowledge Management Center for Asia and Pacific)は、国連ハビタット福岡本部が主催するプロジェクトです。

国連ハビタットへ
お問い合わせ


本文のはじまりです

KCAPは思いと思いをくっつける活動です。

「衛生環境改善のためゴミ問題を解決したい。」ネパール政府 X 「ダンボールコンポストを世界に広めたい。」循環生活研究所

KCAPは、国連ハビタット福岡本部が活動するアジア太平洋地域都市の環境課題やニーズと、日本の提供する環境技術・ノウハウや経験を結んでいます。

詳しくみる

最新記事

  • 第6回 アジア都市ジャーナリスト会議
  • 国際技術専門家会議 2016
  • パイロット事業:モンゴル
  • パイロット事業:フィリピン

第11回アジア都市ジャーナリスト会議

今回は「住み続けられるまちづくり~持続可能な都市開発・都市再生のあり方~」というテーマで、各国が抱える都市問題とアジアで共通する課題について、情報共有、意見交換を行いました。

詳しくみる
第11回アジア都市ジャーナリスト会議

国際技術専門家会議 2016

第八回目となる環境技術専門家会議は、11月22日、「ベトナムにおける持続可能な環境開発のための技術協力」をテーマに開催されました。

詳しくみる
国際技術専門家会議 2016

パイロット事業 スリランカ:下水設計技術およびバイオ製剤技術による下水施設改善事業

企業2社のコラボによる下水施設の改善が実施されました。

詳しくみる
パイロット事業 スリランカ:下水設計技術およびバイオ製剤技術による下水施設改善事業

パイロット事業 フィリピン:公共施設・住宅環境改善プロジェクト

遮熱塗料「ミラクール」を使ったパイロット事業がフィリピン・ソルソゴンで行われました。

詳しくみる
パイロット事業 フィリピン:公共施設・住宅環境改善プロジェクト

活動内容

国際技術専門家会議

アジア地域から自治体や国際機関などの専門家、日本側からは自治体や企業・団体が参加して、「廃棄物」「水」など環境テーマに沿った専門家会議を毎年開催し、課題・ニーズとその解決の方策について議論を行います。

詳しくみる
フォローアップ ワークショップ

フォローアップ ワークショップ

専門家会議で議論された課題について、実際にアジアの都市でワークショップや研修を実施しています。

詳しくみる
パイロット事業

パイロット事業

専門家会議で紹介された技術やノウハウをアジアの都市での実施可能性を計るパイロット事業を実施しています。

詳しくみる

アジア都市ジャーナリスト会議

中国、韓国、タイ、インドネシアベトナム、フィリピン、マレーシア、シンガポールなどアジア各国から新聞記者がまた日本側から自治体・大学・研究機関・民間企業などの専門家が参加し、アジア太平洋地域における持続可能な都市開発の実現や都市連携の促進を図ることを目的に会議を開催しています。

詳しくみる

KCAPの最新NESをTwitterでおしらせしています。

本文のおわりです

Follow US on Twitter